第1回 ポストエディットとは


学習目標 takeaway

以下の設問に答えられるようになる。

  1. ポストエディットとは何か
  2. ポストエディットの利点

確認問題

第1回のビデオを視聴後に、下記の設問について回答してください。
設問用のWordファイルは、【ダウンロード】からダウンロードできます。

設問 1:ポストエディットとは何ですか。一文で簡単に定義してください。

設問2:人間が一から翻訳するのと比べて、機械翻訳+ポストエディットによって得られる利点にはどのようなものがありますか。

[確認問題のダウンロード]
LinkIcon確認問題
LinkIcon第1回パワーポイント

その他・参考文献等

特になし

LinkIconトップに戻る

第2回 いろいろなポストエディット


学習目標 takeaway

以下の内容を理解する。

  1. ポストエディットには、目指す完成度に応じて複数の手法がある(フル ポストエディットとライト ポストエディットなど)
  2. ポストエディットには、 原文と訳文を照合しながら編集する方法と、訳文だけを読んで編集する方法がある(バイリンガル ポストエディットとモノリンガル ポストエディット)

確認問題

第2回のビデオを視聴後に、下記の設問について回答してください。
設問用のWordファイルは、【ダウンロード】からダウンロードできます。

設問 1:ペアまたはグループで実行します。任意の原文テキストを機械翻訳し、同じ訳文に対してフル ポストエディットとライト ポストエディットを実行してみましょう。

課題実行時の注意:
- 文芸作品などは避け、実務翻訳系の原文を選択してください。
- 受講者の母語を目標言語にしてください。

課題実行後のディスカッション議題:
- フル ポストエディット結果とライト ポストエディット結果を比較して検討する(スタイル、表記の統一など)
- フル ポストエディット作業とライト ポストエディット作業を比較して検討する(所要時間、難しい点など)
- ペアまたはグループで交換して訳文を読んでもらい、フル ポストエディット文とライト ポストエディット文をそれぞれ読んだ印象や感想を話し合う

設問2:ペアまたはグループで実行します。任意の原文テキストを機械翻訳して、ペアまたはグループの他の人に訳文を渡します。渡された訳文をまずものリンガル ポストエディットし、その後原文をもらってバイリンガル ポストエディットします。


課題実行時の注意:
- 文芸作品などは避け、実務翻訳系の原文を選択してください。
- 高度に専門的な内容は避け、一般的な知識で理解できる原文を選択してください。
- 受講者の母語を目標言語にしてください。

課題実行後のディスカッション議題:
- モノリンガル ポストエディット結果とバイリンガル ポストエディット結果を比較して検討する(内容や意味に違いが出たか、正しい訳文にすることができたか、など)
- モノリンガル ポストエディット作業とバイリンガル ポストエディット作業を比較して検討する(モノリンガルの場合、何を根拠に編集したか、またそれぞれの難しい点など)


[確認問題のダウンロード]
LinkIcon確認問題
LinkIcon第2回パワーポイント

その他・参考文献等

特になし

LinkIconトップに戻る

第3回 翻訳メモリ vs. 機械翻訳


学習目標 takeaway

以下の内容を理解する。

  1. 翻訳メモリの仕組みの概要を理解する
  2. ポストエディットと翻訳メモリの違い、および共通点(関係)を理解する

確認問題

第3回のビデオを視聴後に、下記の設問について回答してください。
設問用のWordファイルは、【ダウンロード】からダウンロードできます。

設問 1:翻訳メモリとポストエディットは、似ているようで若干違います。翻訳メモリをつかった時の翻訳と、ポストエディットとの違いについて簡単に説明してください。

設問2:機械翻訳と翻訳メモリとは、今まで全く異なる技術でしたが、統計的機械翻訳の出現により、これら2つは接点を持つようになりました。この関係ついて簡単に説明してください。

[確認問題のダウンロード]
LinkIcon確認問題
LinkIcon第3回パワーポイント

その他・参考文献等

特になし

LinkIconトップに戻る

第4回 実践してみよう


学習目標 takeaway

以下の内容を理解する。

  1. ポストエディットはどのようなジャンル(分野)に適しているだろうか
  2. フルPEとライトPEはどのような違いがあるだろうか?
  3. 機械翻訳の種類とポストエディットとの関係を理解する

確認問題

第4回のビデオを視聴後に、下記の設問について回答してください。
設問用のWordファイルは、【ダウンロード】からダウンロードできます。

設問 1:ポストエディットを実践する観点から、「言葉=意味+形」という概念を参照し、フルPEとライトPE、またルールベース機械翻訳と統計的機械翻訳との関係(適性)について説明してください。

設問2:社内の同僚に、日本語で書かれたエアコンの取扱説明書を英訳して渡すのにポストエディットを活用するとします。どのような機械翻訳を使って、どのようにポストエディットを行うのが良いか、自分の意見を含めてその順を説明してください。

[確認問題のダウンロード]
LinkIcon確認問題
LinkIcon第4回パワーポイント

その他・参考文献等

特になし

LinkIconトップに戻る

第5回 ポストエディットの研究紹介


学習目標 takeaway

以下の内容を理解する。

  1. ポストエディットについては、30年以上にわたり、さまざまな角度から、またさまざまな手法で研究が行われている。

確認問題

第5回のビデオを視聴後に、下記の設問について回答してください。
設問用のWordファイルは、【ダウンロード】からダウンロードできます。

設問 1:過去のポストエディット ワークショップのウェブサイトを参照し、この数年間に発表されたポストエディット研究の傾向を調べる。

考察ポイント:
- どのようなテーマで研究が行われているか
- どのような手法で研究がおこなわれているか

[確認問題のダウンロード]
LinkIcon確認問題
LinkIcon第5回パワーポイント

その他・参考文献等

LinkIcon文献リスト(PDF)

LinkIconトップに戻る

第6回 仕事としてのポストエディット


学習目標 takeaway

以下の内容を理解する。

  1. 仕事してのポストエディットの現状と将来を理解する
  2. ポストエディットと翻訳業界を把握する
  3. 以下の設問に一定の回答ができるようになる。
    • - ポストエディットは人手翻訳に代わるのか?
    • - 誰がポストエディターになるのか?
    • - 我々は、どうすればよいのだろうか?

確認問題

第6回のビデオを視聴後に、下記の設問について回答してください。
設問用のWordファイルは、【ダウンロード】からダウンロードできます。

設問 1:ポストエディットという手法と従来の翻訳が将来どのように共存していくと思うか自分の意見を述べてください。

設問 2:あなたはポストエディターに向いていると思うか、ビデオの内容を踏まえ、自分の考えをまとめてください。

考察ポイント:
- 「ポストエディット編」のまとめとして、全6回の内容も折り込んで論じてください。

[確認問題のダウンロード]
LinkIcon確認問題
LinkIcon第6回パワーポイント

その他・参考文献等

渡辺 太郎(2014)統計的機械翻訳の歴史, 言語処理学会チュートリアル.
[Online] http://www2.nict.go.jp/univ-com/multi_trans/member/t_watana/papers/smt-tutorial.pdf

LinkIconトップに戻る